内容: チッタ居士 〜真理を体験した人の違い〜 (スマナサーラ長老の法話の録音を聞きました)



++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

協会の記事ではありません。 弘誓院 秋田副住職の 関西ダンマサークルの報告より紹介です。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

4/15 関西ダンマサークル報告

皆様、こんばんは。

本日アラナ精舎にて関西ダンマサークルが行われましたので、ご報告申し上げます。

また明日はアラナ精舎の開基13周年記念だそうです。…とは知らず偶然居合わせた瞑想お泊まり組でささやかにお祝いをさせていただきました。皆様も随喜していただければいいなあと思います。木岡さんはじめこれまでアラナ精舎を支えてくださった方々、本当に感謝致します。静かで居心地のいい本当に素敵な場所だと思います。

さて、では本題の報告に移らせていただきます。

参加者:9名

内容: チッタ居士 〜真理を体験した人の違い〜

(スマナサーラ長老の法話の録音を聞きました)

さて今回、2回目となる報告を松原様より拝命致しましたので、ちょっと趣向を変えて、参加者のチッタ居士へのインタビューという形で皆様に報告をお届けしようかと思います。一応、長老のお話しをベースになるべく妄想しないように作っておりますが、誤りやご批判等あれば甘んじて受けますのでどうぞご遠慮なくおっしゃってくださいませ。

それではどうぞ。

参加者

えーチッタ居士さん、こんにちは。とりあえず自己紹介してもらっていいですか?

チッタ居士

はい、みなさん、こんにちは、チッタと申します。ていってもチッタってあだ名みたいなもので、チッタっていうのも心っていう意味で、ほら、あの諸仏の教えに サ、チッタ、パリヨーダパナン♩ってあるでしょ。あのチッタですよ。ちなみに居士っていうのはガハパティの訳でガハが家、パティが主人、夫って意味で、在家で修行する男性に使われる呼び名なんだ

参加者

へーそうなんですか。でも在家でお経の主人公になるってすごいですね!

チッタ居士

うん。まあ僕が結構修行がんばって、第四禅定まで好きに入れたり、最終的に不還果にまで達したっていうこともあるけど、お釈迦様としては在家でもこんなに頑張れるんですよっていうことをみんなに示したかったみたい

参加者

ほーなるほど。で、チッタさんは具体的にお経の中ではどんなことされたんですか?

チッタ居士

うん、まずはね、長老たちがわかんない、わかんない、って議論してたから、それに答えたんだよ。

参加者

えーすごいですね。在家なのに、プロの出家者の疑問に答えちゃったんですね!

チッタ居士

まー仏教の世界ではそういう年功序列とか上下関係ってあんまりないからね。わかった人が答えればいいじゃんって感じなんだよ

参加者

なるほど。風通しが良さそうでいいですねー。それでどんな疑問だったんですか?

チッタ居士

うん、彼らは「執着(結縛)」と「執着(結縛)される対象」が同じものなのか、違うものなのかってことで議論してたんだよね

参加者

ふむ、つまり例えば「チョコへの執着心」と「物体としてのチョコそのもの」が同じかどうかってことですか?

チッタ居士

うーん、最初の方はそれでいいんだけど、あとの対象っていうのがちょっと違うかな。

ここでいう対象ってのは、チョコそのもの+それを認知する感覚器官(六根)も含んでるんだよね。

参加者

なるほど。で、チッタさんはなんて答えたんですか?

チッタ居士

白牛と黒牛をロープで結んでるとして、白牛は黒牛を縛って結びつけてるものか?って聞いたんだよ

参加者

うーん、なんか一瞬わかんないですね。違う…ような気がするって感じです

チッタ居士

そう、違うんだよ。その二頭の牛っていう対象を結びつけて縛ってるのは、あくまでロープなんだよね。対象そのもの、は感じる方(感覚)も感じられる方(物自体)もただあるだけで、そこに執着心っていうロープがなければ、その二つは結びつかないんだよって理屈だね。これでわかってもらえた?

参加者

ええ、なんとなく。つまり執着の原因は外部や物理的な感覚器官にあるんじゃなくて、自分の心の問題だと。そういうことですね?

チッタ居士

うん、それでまあ間違いないんじゃないかな

参加者

ありがとうございます。よく分かりました。

ところでチッタ居士、あなたは他のお経にも登場されているそうですね。

チッタ居士

うん、まあね。仏教実践してたら、めちゃ効果あるよって異教徒の友達を仏教に誘って出家させたり(彼は最終的に阿羅漢になっちゃたんだよ!)、あと死に際に結構ドタバタがあって、それがお経になってるかな

参加者

死に際のドタバタ、と言いますと、どんなものだったんですか?

チッタ居士

お見舞い経っていうお経なんだけど、僕が結構重い病気で寝てたら、神様と精霊が見舞いに来たんだよね。それで「チッタよ、将来、転輪王になりなさい。願えば叶うから」、なんて言うんだよ。

参加者

すごいですね。お見舞いに神々ですか!しかもめちゃくちゃ期待されてるじゃないですか!しかも転輪王てめちゃくちゃすごいんでしょ。いい話じゃないですか。

チッタ居士

うん、まあ転輪王てのはすごい人だよ。人を少しも傷付けたり迫害することなしに国を統治して世の中を良くしちゃう王様っていうんだから、そりゃあすごいよね。マウリヤ朝のアショーカ王も転輪王だって言われてるけど、たぶんお世辞入ってるから本物はもっとすごいんだろうね。

参加者

おーあのアショーカ王よりもすごいと!それはもうなるしかないでしょう!

チッタ居士

それがさー。断っちゃったんだよ

参加者

えーどうしてですか?

チッタ居士

だってさ、意味ないじゃん。全部無常なんだよ。だったら全部さっぱり捨てさって死んだ方がいいじゃん。来世で人間の王とかもういいよ、って感じ。だって次は梵天に生まれて解脱確定なんだし。そっちのがよっぽど価値あるじゃん

参加者

おーさすが不還果に到った方は違いますね!なるほどこの世に未練や執着はないと。でもやはり周囲の方々の反応は違ったのでは?それだけの誘いを蹴ったとなると…

チッタ居士

そりゃ、もう親戚一同から狂人扱いされたね。チッタ、お前正気か?混乱してんじゃないのかって?かなり責められたね。こっちは病気で死にそうだっていうのに。

参加者

それで結局どうなったんですか?

チッタ居士

まあ、一応ちゃんと説明したら納得してもらえたけどさ。今度はあんた偉い人だから説法してくれって言うんだよ。何回も言うけど、俺死にそうなのにさ。

参加者

それでどんな説法を?

チッタ居士

とりあえず、仏法僧は大事だから、ちゃんと信頼しろって言っておいたよ。ただし闇雲に信仰しろってことじゃなくて、ちゃんとブッダの九徳、法の六徳、僧伽の九徳が一つ一つほんとかどうか確かめて、揺るがない確信をもって信頼するってとこが絶対忘れちゃいけないポイントだけどな。

それと、その三宝に加えてお布施も大事だってことも言っておいたよ。自分の家にお布施できるものがあれば全部、善法に従って生きてる人に分けちゃうのがいいぞってな。

参加者

死ぬ間際まで大変ですねー。

チッタ居士

まあ、うだうだこの世に残してく物や人の心配なんかしながら逝くよりよっぽどいいでしょ。全部捨ててさっぱりと逝く、これがやっぱりクールな仏教徒の死に様だと思うんだよな。おまけに最後にちゃんと為になることもみんなに伝えられたしな

参加者

そうですねーたしかにサッパリしててカッコいいです。ロックです!

チッタ居士

……だろ?ってやるとダサいし、慢になるからやらないけどさ、笑。

以上、ちょっとふざけた気もしますが、若気の至りとご容赦くださいませ。

夜分に長文失礼いたしました。

それでは

みなさまが幸せでありますように!


秋田


42回の閲覧

友縁