誰でも生きていたいですよね(^^)



* 協会の記事ではありません。 木下全雄  さんの ブログより紹介です


📷生きる上で生まれる願い事との向き合い方でも、仏教と宗教の違いを見ることができます!

人間は誰でも願い事を持っています。 長生きしたい 健康でいたい 金持ちになりたい 出世をしたい 有名になって注目されたい 病気になりたくない 病気が早く治って欲しい ポックリ死にたい 頭が良くなりたい 結婚したい 子供が欲しい 仕事が欲しい 才能が欲しい 交通事故に遭いたくない 台風に進路変更してもらいたい みんなが私のことを大切にして欲しい 悪いことは起こらないで欲しい 願い事は叶って欲しい 必ず勝ちたい 開運したい 仕事が順調に進んで欲しい 安全に旅行したい

怖い願い事もありますよね😱 敵は消滅して欲しい 早く死んで欲しい人がいる 縁を切りたい

宗教はこれらの私達の願い事そのものが叶えられるように一生懸命にお祈りしてくれます(^^)鈴を振ったり、太鼓を叩いたり、紙を振るったり、剣を出したり、火を焚いたり、なにかを唱えたり、様々な方法で頑張って応援してくれます。その姿を見るのは、おーやっぱり頑張らないといけないなぁ、と思わせてくれる勢いがありますよね(^^) それは私達が生きることそのものを全面的に肯定し、応援するスタンスであると言えるでしょう(^^)

では仏教はどうかというと、 仏教の基本的スタンスは 生きとし生けるものが幸せでありますように ですから、誰か一人の願い事を優先するのではなくて、皆さんに幸せに穏やかに心配ごとなくみんなと仲良く楽しく生きて欲しいのです(^^) 人間だけの地球じゃないですしね(^^) あなたの生きる上での希望にスポットライトを当てるのではなくて、生命ネットワークの中で上手に生きられるようにと祝福するのです(^^)

仏教からの応援には、なんか錐の先のような鋭さはないですよね😅幸せでいられるようにね、っていう祝福はなんとなく漠然としています。

それは無我、つまりじつは私がないのだから、私の願い事が成り立たない😅 全ては因果法則で動いているに過ぎない(^^)ということを踏まえた上での祝福だからです(^^) 今の願い事は今の瞬間のあなたの願い事であって、願い事が叶った時のあなたは別のあなたですよ、ということです!それで、私達はちょっと願い事が叶っても満足することなく、何か次なる願い事が生まれてしまうのです😅そう、キリがないイタチごっこなのです🤣 ですから生命ネットワークの中で、いつでも幸せに過ごせますように、というのが本当の祝福なんだって感じがしませんか😊❤️❓

そして、できれば 自分中心の欲望を離れて欲しい 他人を押しのけてでも願いを叶えたいと思う怒りを心に持たないで欲しい 自分の努力を無視した、因果法則を無視した、摩訶不思議な世界を信じないで欲しい つまり、生きていく中で心を清らかにすることにも努力して欲しい、という気持ちもあります(^^)

生命ネットワークの中で、自分ができることを頑張ってしっかりと願い事を叶えながら、他の生命の役に立って生きること、この充実感が私達にとっての本当の幸せです😊

0回の閲覧

友縁