「瞑想は逃げなのか」~心に向き合う勇気~





日本テーラワーダ仏教協会 #jtba

「瞑想は逃げなのか」~心に向き合う勇気~ #仏教 #Buddhism #スマナサーラ長老 #瞑想 #逃げ #観察 #悩み


Q:悩みごとに苦しんで結果を出すことが成長ではないのですか?瞑想で忘れるのは逃げることになりませんか?


A:悩み苦しみから逃げようとしているのは、瞑想をしない人々です。瞑想で一切の悩みに答えが出ます。すべての悩みが消え、完全な心の安らぎを得られます。あれこれと自分勝手に悩んでも何も答えは出ません。ヴィパッサナー瞑想とは苦しみから逃れるものではなく、苦しみみ真っ向から対応することです。

 感覚を観察して、客観的に見るのです。肉体的な苦しみが生まれたら、「痛み」と観察する。精神的な苦しみは「悩み」です。悩みが起きたら、「悩みがある」と観察する。このように実践すると、悩み苦しみはどのように現れて、どのように消えるものかというプロセスが見えてきます。それで、悩み苦しみを乗り越えることができるのです。

 医者のやり方と同じです。医者は病気を治す職業ですが、病気から逃げることはしません。病気を発見するのです。病気に適した治療を行うのです。それで治るのです。病気を治したければ、「私は病気ではない」と逃げるのではなく、病気に真っ向から向き合わなくてはいけないのです。

▼参考テキスト 単行本「自分を変える気づきの瞑想法【第3版】」

~生きとし生けるものが幸せでありますように~


Photo by Darius Bashar on Unsplash


0回の閲覧

友縁