ヤサ長老をお迎えしての
冥想実践会 

2022年2月6日(日)

■ 会場:日本ガイシフォーラム(和室)
■ 時間:11:00~16:30(開場10時半退室17時)
■ 持ち物①マスク②昼食③防寒対策※
■ 参加費:喜捨
■ 連絡先の提出(感染対策によりご協力お願いします)

※換気の為、会場が寒くなります。

※手指消毒用アルコールは受付に用意しています。適宜ご使用ください。

みなさま

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

1月9日(日)約2年ぶりに東海ダンマサークルの活動が再開しました。

先週よりコロナ感染者数が増加傾向にあり、開催を中止にするか検討致しましたが、感染対策を万全にして開催するということで、ヤサ長老をお迎えしての「冥想実践会」を18名の参加者にて開催することが出来ました。

 

これまでの法話会と大きく変わった点として「食事の観察」の実践です。ヤサ長老もおっしゃっていましたが、なかなか機会が無いと実践するのが難しい「食べる冥想」です。

今までヤサ長老へのお布施する食事は、みなさまからの持ち寄ったものをお布施していましたが、感染対策の観点からお弁当をお布施させて頂き、各自昼食を持参し、折しも『黙食』がルールのこのご時世にて、それならば「食事の観察」をする絶好の機会と思い、実践することとなりました。実践終了後、好反応なご意見をいくつか頂きました。貴重な機会です。今後も「食事の観察」実践していきます。

※「食事の観察」実践方法は、受付にてコピーを配布しています。

 

感染対策として、換気しておりますが、やはり足元が冷えてきます。参加される際は、防寒対策をしてご参加ください。

 

久しぶりに皆様に会うことが出来、うれしくて、ついつい近くでお話をしたりしてしまいますが、これからも開催していく為にも、距離と気づき保ち、時間を過ごして頂くようご協力をお願い致します。

 

 当日の日程 

  

10:30  開場

11:00  ヤサ長老へ食事のお布施・「食事の観察」にて各自昼食(黙食)


 

※食事のお布施感染対策より、以前のようなち寄りではなく、お弁当をご用意しお布施します

※昼食は個人にて用意してください

※途中入室された方は、瞑想実践中にて気づきをもって、静かに各自にて食事を開始または、冥想を行ってください。
 

​​13:00  読経・初心者冥想指導・質疑応答・インタビュー(個人面接)・冥想実践

16:30  終了(17:00退室)
 

 感染対策のお願い ​​

新型コロナウイルスの流行が続いております。
会場では消毒や対人距離の確保、換気の徹底などの感染対策をはかります。
参加される方もマスク着用、手洗い(手指消毒)、連絡先の提出など感染対策にご協力ください。
また少しでも体調に不安のある方、感染リスクのある方は参加を見合わせてください。
今後の感染状況によっては開催中止の場合があります。
変更の場合は、東海ダンマサークルブログにてお知らせします。

こころの感染を防ぐブッダの戒め
危難のなかで真理に目覚め、慈しみのこころで手をつなごう

アルボムッレ・スマナサーラ 日本テーラワーダ仏教協会 貫首

人間は、「われこそ偉い」という気持ちで毎日生きています。しかし、今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、それは誤りであると自然界から厳しく突きつけられました。仏教徒として私たちがまず自覚すべきなのは、人間は自然の流れに従って、一日一日をやっと生きている存在に過ぎない、ということです。「人間こそ地球の主人」という傲慢な態度は捨てるべきなのです。・・・・・

 

Dhamma Blog